公益財団法人 北海道漁村振興協会 豊かな海と元気な浜を!

漁村振興協会とは
団体概要

組織概要


名 称  公益財団法人 北海道漁村振興協会
代表者  理事長  川崎 一好
所在地  〒060-0003 札幌市中央区北3条西7丁目 水産ビル8階
電 話  011-241-1055
FAX  011-280-1275
URL  http://www.yutakanahama.jp
E-mail  E-Mail

設立・沿革(実施事業の沿革を含む)


昭和38年10月  釧勝地区漁協役職員医療共済会 設立
            昭和41年8月までに10地区の医療共済会設立
昭和40年 6月  漁業協同組合役員退任功労金共済会 設立
昭和41年 1月  弔慰金ならびに遺児育英資金共済制度 発足
昭和45年10月  財団法人北海道水産業協同組合役職員共済会 設立
            職員退職金積立事業を開始、役員退任功労金事業を統合
昭和49年 4月  弔慰金ならびに遺児育英資金共済事業を統合
昭和54年 6月  財団法人北海道漁協福祉共済会へ名称変更
           7月に健康促進事業を追加
平成11年 4月  環境改善事業を追加し、環境改善・健康促進事業として実施
平成16年 4月  全道9地区の医療共済事業を統合
平成23年 3月  医療共済事業を廃止(9地区へ)
平成24年 3月  職員退職金積立事業を廃止
平成25年 4月  公益財団法人北海道漁村振興協会へ名称変更
環境改善・健康促進事業を漁村振興活動公募事業とし、役職員弔慰金事業と役員退任功労金事業とともに実施

平成28年 3月  収益事業(北海道漁協役職員医療共済協議会受託業務)を廃止

設立目的


漁村地域の自然環境保全活動や生活環境の改善活動を多面的に行う団体の事業への助成を行うことにより、漁村地域社会の健全な発展に寄与する


業務内容


1.漁村地域社会の健全な発展のための活動を行う団体の事業への助成
2.漁村振興活動の中核組織である水産業協同組合関係者の福利厚生事業
3.その他この法人の目的を達成するために必要な事業


役員・評議員


役員構成
  理 事   3名以上6名以内(うち代表理事 1名)
  監 事   3名以内
  評議員   8名以上12名以内
  常勤職員数 2名


主な活動


1.漁村振興活動公募事業
漁村地域の自然環境の保全・改善活動、漁村地域の生活や健康の改善活、漁業や漁村の啓蒙普及活動等を行う団体の事業へ助成するための公募事業を実施しています。


2.共益事業
1)役職員弔慰育英金給付事業
水産業協同組合等の会員団体の常勤役員及び職員が在職中死亡した場合、その死亡した会員団体の役職員に対する弔慰金並びにその遺児に対して育英資金を給付する事業を実施しています。
2)役員退任功労金事業
水産業協同組合等から掛金を預り役員退任時に払戻すことにより自主的な退任功労制度とするものであり、払戻しの際の利息相当分を相互扶助事業として給付する事業を実施しています。


ページトップへ

Copyright (C) Hokkaido Fishing-village Promotion Foundation. All Rights Reserved.